Diary / 日記
TAKKUワークショップもうすぐです!

今週末、10月10日(土)は、フィンランド伝統手芸ユニット「TAKKU」による

〈ピルタナウハ織〉ワークショップを開催します!

(詳しくはNewsにもUPしましたのでこちらをチェック!)

 

今回は「ピルタナウハ織」と「サーミブレスレット」の豪華二本立てです!

 

ピルタナウハ織はフィンランドの伝統的な手工芸で

民族衣装などに用いられていたリボン状の織物です。

織り模様にもひとつひとつ意味があり、

今回は「ÖTÖKKÄ (オトッカ)=バグ」というデザインをお作り頂けます。

IMG_8739織ったリボンはヘアバンドにアレンジしたり、バッグや洋服に縫い付けても◎

 

IMG_8738この専用の織り機を腰につけて、模様を一目一目織り上げていきます。

10678657_731268246922122_2034317512445771352_n

10171645_731268126922134_996719571038777246_n↑昨年のワークショップの様子です。

このぐらい柄が織れてくると、もう皆さん集中の世界にどっぷり。笑

 

IMG_8746そしてカロトでは今回初めての開催「サーミブレスレット」。

こちらもフィンランドの古い工芸品。

トナカイの革に、銀糸を使って模様を編み込んだブレスレットです。

しっかりとした銀糸の模様がきれいで、普段使いもちょっとフォーマルにも

使えそうな感じですね◎

 

TAKKUのワークショップは、繰り返しご参加頂いている方が多かったり

友達が作ったのを持っててかわいくて…など、

皆夢中になる面白さです!

 

気になっている方は、ぜひ今週末ピルタナウハの世界を体験あれ!

まだ少しだけお席ありますので、お気軽にご連絡ください◎

お待ちしています!

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

TAKKU 『フィンランド 〈ピルタナウハ織〉 ワークショップ』

日 程:2015年10月10日(土)

場 所:カロト 革製品と手仕事のもの

 

1.【ピルタナウハ織リボン「ÖTÖKKÄ」】

時 間:13:30-15:30 定員 8名

参加費:4,800円(リボン1本分、織機レンタル代込み)

 

2.【トナカイの革のワイヤーブレスレット「PITSI」】

時 間:16:30-18:30 定員 8名

参加費:6,500円

 

※参加のお申し込みは、お問い合わせフォームもしくは

お電話 (☎カロト  (075)414-3616)までお願いします。

残席わずかですので、お早めに!



ふと…

5月に書きました、この芽。

ダイアリーではその後登場せずに秋に突入しましたが…(汗)

こんなふうに花を咲かせたり、その後ぱったりと咲かなくてそわそわしたり

カロトの夏を盛り上げてくれました。

わりと遅咲きだったようで、最近も新しい花をつけています。

 

そう!そして今日眺めていて ふと…何かが違う…?

!! 発見をしました!

最近の朝顔は朝〜夕方までずっと咲いているのですが

写真 2015-09-18 13 06 58 (1)

夕方写真 2015-09-18 16 30 43 (1)

 

同じ花、同じ部分なのに時間で色が違うんです!

調べてみたら、よく見れる事らしいのですが

知ってましたか? 私はそらもうびっくらこきました。すぐにスタッフあいちゃんに報告。

植物って不思議で楽しいです。

 

 



すだちと竹籠

写真 2015-08-27 15 28 15

8月も残すところあと数日。

最近は朝晩はとても涼しくて、夏の終わりを感じます。

 

そして今年もこの季節がきました。秋の味覚にかけて美味しい「すだち」。

店長家の家庭菜園のすだちがカロトにもやってきました!

ころころぷりぷり、いい緑。

これはあの籠にぴったりなんじゃないか!?と早速入れてみました。

しっくり収まって、この使い方もいいなぁと思ったので写真をパシャリ。

 

これこれと思った時に使えるお気に入りの籠がひとつあるとなんだか良いことがあった気分ですね。

すだちもビニール袋に入って汗かいてるより美味しそうです。そして使いやすい!

おいしく頂きます。

 

 

この籠を作ることができるワークショップは今週末、30日(日)です。

まだお席残りがありますので、お気軽にお問い合わせください。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

IMG_8505

【竹のしなやかさを活かした輪弧どめの籠のワークショップ】

2015年8月30日(日) (1)12:00〜 (2)15:00〜 ※所要時間2時間ほど、各回定員8名

参加費:3,500円

場所:カロト 革製品と手仕事のもの

カロトホームページお問い合わせフォーム

お電話 (カロト☎ (075)414-3616)

 



輪弧どめの籠のワークショップ

8月30日(日)、ユウノ竹工房 岡 悠さんによる

竹のしなやかさを活かした輪弧どめの籠のワークショップ」を開催します!

 

IMG_8505

とっても作りごたえのありそうなこの籠が、なんと!自分で作れてしまいます!

丁寧に岡さんが教えてくださるので、器用さに自身が無くても大丈夫◎

こう曲げて、こう曲げて…の連続で、ひとつの道具として出来上がっていくのに驚きです。

もちろん、作りやすいように材料の竹にも工夫がされていて、

そのお話や材料づくりの実演なども交えた、竹の魅力、面白さを体感できるワークショップです。

 

 

籠。何かを入れるだけでなんだか様になってしまう、とっても便利な存在。

今回の「輪弧どめの籠」は編み目が涼やかで、大きさもあるので

何かを飾ったり、もの入れにも楽しみながらお使い頂けると思います◎

どんな使い方ができるかな??と考えてみました!

写真 2015-08-10 13 05 05まずは花籠として。こちらはガラスの小鉢に葉ものをそのまま挿して。

 

お菓子を入れて、お客さまが来た時にもそのままお出ししたり…。

特別な使い方もいいのですが、

私にとって「籠」は何かの置き場所になるもの、

そしてその「籠」がお気に入りだったらもっと楽しい。

写真 2015-08-10 13 22 22普段ハンカチ代わりの手ぬぐいをまとめてみたり、

気になったDMやお店のカードをまとめてみたり、

鍵やポーチお財布などの鞄を変えても必ず入れる必需品入れに。

考え始めると尽きません。笑

 

ぜひ、自分で作ったお気に入りを生活の中で楽しんでみてください◎

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

【竹のしなやかさを活かした輪弧どめの籠のワークショップ】

2015年8月30日(日) (1)12:00〜 (2)15:00〜 ※所要時間2時間ほど、各回定員8名

参加費:3,500円

場所:カロト 革製品と手仕事のもの

 

ご予約お待ちしています!

カロトホームページお問い合わせフォーム

お電話 (カロト☎ (075)414-3616)

 



みたらし祭

写真 2015-07-25 9 11 11「そうだ みたらし祭、行こう。」

昨晩ふと思い立って、今朝少し早起きして行ってきました!

加藤家やお友達からは聞いて知ってはいたけれど、実は私、みたらし祭初体験。

みたらし祭り(御手洗祭)は下鴨神社のお祭りで、

土用の丑の日に御手洗池の中に足をひたせば、罪、けがれを祓い、

疫病、安産にも効き目があるそうです。

 

御手洗池の中を裸足で進む「足つけ神事」。

膝まで冷たい水につかりながらじゃぶじゃぶ進みます。

途中頂いたロウソクに火を灯して進むのですが、風で消える消える。

何度か往復して無事にロウソクを納めてきました!

何度目かの私「そんな持ち方じゃ消えちゃうぜ〜」と横目で周りを伺いながらのソロソロ歩き。

…そういう祭じゃないかもしれませんが、せっかくだから火はついてて欲しい。

 

帰ってきて調べてみると夜もたくさんのロウソクの明かりが幻想的で素敵ですね。

無病息災、よい一年を過ごせますように!

スッキリとした気持ちで本日のカロトスタートです◎

写真 2015-07-25 9 10 48

 



ページの先頭へ戻る